信州ゆづた園について

長野市真島地区を中心に、2010年に始まったカシスプロジェクト。
農家10名ほどで「長野カシスの会」を結成し、クロフサスグリの栽培を開始しました。2014年には約750㎏、2017年には1トンを超える収穫高となりました。また継続的な働く場として、高齢の農業従事者に加え、近隣の障がい者施設利用者も収穫作業に参画しています。

『ゆづた園』の商品はすべて、熟したカシスの実のみを手作業で丁寧に摘み取り、着色料などの添加物を使用しない、極めてピュアな精製方法にこだわりをもって開発を続けています。

信州の豊かな自然とおいしい水で育ったカシスを、どうぞご賞味ください。