カシスのチカラ

info_cassis

甘酸っぱさとさわやかな香りをもつカシスは北ヨーロッパやニュージーランドなどの冷涼な地域で育ちます。
太陽をいっぱい浴びて育ったカシス果実はジャムやジュースに加工されるほか、肉料理や魚料理のソースなどにも利用されるだけではなく、近年の健康志向の高まりから「現代人に必要な栄養素をバランスよく含むスーパーフルーツ」として注目されています。

ヒミツその1:アントシアニンが豊富

カシスには目の健康維持にいいと言われているアントシアニンがブルーベリーの約3倍も多く含まれています。

ヒミツその2:ポリフェノールたっぷり

赤ワインで有名なポリフェノールには身体によくない活性酵素を取り除く働きのほかに血管や内臓、ホルモンバランスの乱れなど防いでくれる働きもあります。
カシスにもポリフェノールが豊富に含まれており、熱に強く壊れにくいのでどんな調理方法でも摂取できます。

ヒミツその3:ビタミンCが豊富

カシスには各種ビタミンが豊富に含まれており、ビタミンCはオレンジの3倍、ビタミンEはイチゴの4倍!カシスに含まれるミネラル分はカルシウムとマグネシウムが2:1と理想的なバランスです。他にも疲労回復に欠かせない亜鉛も多く含まれています。

ヒミツその4:抗酸化力UP

ポリフェノールの中でも特に抗酸化作用が強いと言われているのがデルフィニジン系のアントシアニンです。「D3R(デルフィニジン-3-ルチノシド)」とルチノシドという配糖体を持つ「C3R(シアニジン-3-ルチノシド)」は体内の滞留時間が長く、効果の持続性があることが分かっています。この2つの成分はカシス特有の成分で、ブルーベリーやビルベリーなどには含まれていません。

2017/05/01